マルハバ!パレスチナ

千葉のNGO「マルハバ!パレスチナ」の活動紹介

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「原発よ、静かに眠れ vol.2―藤田祐幸氏講演会―」開催‼

自分で考え、行動する

藤田祐幸さん講演風景1

9月28日(水)、千葉市民会館の特別会議室2において、マルハバ!サラムとしては二回目の企画「原発よ、静かに眠れ vol.2-藤田祐幸氏講演会-」を開催しました。

市民会館という会場も、また平日のイベント開催もマルハバ!としては異例のことで、はたしてどれだけ参加者があるか不安でしたが、60人の来場者を得ることができ、とりわけ東千葉駅前の掲示板を見て来たという二人の高校生が会場最前列でノートを取りながら熱心に“受講”する姿が見られたことは嬉しい驚きでした。

講師の藤田祐幸さんは千葉市の出身で、1979年のスリーマイル島原発事故をきっかけに反原発の運動に取り組み、「市民とともにある科学者」として、チェルノブイリ原発周辺の汚染調査や劣化ウラン被害の調査や告発を続けてきました。近年は発生すれば浜岡原発を直撃し「原発震災」をもたらすことが明らかな東海地震を避けるため(?)に、長崎県に移住し、有機農業を基軸とする半農半学の生活を営んでいるそうです。

白ひげをたくわえた風貌そのままの温かい口調とユーモアを交えた人をそらさぬ話しぶりで原発の危険性と反原発への思いを語られ、重い内容の話ですが感動的な講演でした。

原発が人間と決して共存できない理由を、大規模な公衆被曝をもたらす大事故の危険性、底辺の労働者に被曝労働を強制する差別の構造、時間を超越して子孫への加害となる放射性廃棄物の問題と三点あげられ、それぞれについて詳しく解説されました。

とりわけ講演やその後の質疑でもあがったのは、原発震災以後の汚染の状況が報道されている以上に現実は深刻であること、また土壌のバクテリアが放射性物質を吸収してしまうため、有機農業に取り組む努力に対して致命的な影響が出てしまうということです。

藤田さんは講演の中で何回も「(構造的に)加害者にされてしまうことは堪え難い」「原発を止められなかった自分は敗北者だ」と繰り返されました。この言葉は市民運動にたずさわってきた私たちにとって共通の思いであり、重く受け止めなければと思いました。

油断をすれば定期点検中の原発を再稼働させようとする動きもある中で、まさに「戦後のやり直し」をする覚悟で、全ての原発の廃炉に向けて「自分で考え行動する」ことが求められていることを強く突きつけられた2時間でした。
スポンサーサイト

| 原発問題・講演会 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「原発よ、静かに眠れvol.2-藤田祐幸氏講演会―」

藤田祐幸氏

「本当の先生」来たる!

このたび私たちは、「市民とともにある科学者」として放射能が人体と環境に及ぼす影響を訴え続けてきた藤田祐幸さん(長崎県在住)をお招きし、お話を伺う場を設けました。大変貴重な機会ですので、是非、ご参加ください。

藤田祐幸さんプロフィール

千葉県生まれ。1966年、東京都立大学物理学科卒業。1972年、東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1972年より慶応義塾大学法学部教員、のち物理学教室助教授。エントロピー論、科学哲学専攻。著書に『知られざる原発被爆労働』(岩波書店・当日会場で販売します)ほか多数。

もともと金属物理を専攻していたが、1979年のスリーマイル島原発事故をきっかけに、立身出世や自分の興味からの物理学の研究を放棄して原子力の問題をライフワークにすることを決意する。

これまでに、原子力発電や被曝労働の実態調査、チェルノブイリ原発周辺の汚染地域の調査(1990~93年)、セルビア、コソボ、ボスニアでの劣化ウラン弾の調査(1999年、2000年)、バグダッドとバスラでの劣化ウラン弾による被害状況と環境汚染の現地調査(2003年)などに取り組んできた。

2007年に住み慣れた関東から長崎県に移住。農業を営むかたわら、長崎県立大学シーボルト校非常勤講師を務める。

※「本当の先生」とは、ある企業が発行しているメルマガのバックナンバーのタイトルです。藤田さんの教え子の方が、今回の原発震災に際して恩師の人となりを綴っています。

***************************

原発よ、静かに眠れvol.2-藤田祐幸氏講演会-

日 時:9月28日(水)18:40~
            (18:20開場・定員90人)
会 場:千葉市民会館3階 特別会議室2  
参加費:一般700円・高校生以下無料
主 催:マルハバ!サラム(℡:090-5301-8171・岡)
    
***************************

| 原発問題・講演会 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

内藤新吾さん講演会「原発よ、静かに眠れ」

―被曝労働と原発震災―

内藤新吾さん講演会「原発よ、静かに眠れ」

私たちマルハバ!パレスチナは、6月19日、はじめてパレスチナ問題以外のテーマを取り上げてイベントを行ないました。

未曾有の大地震と大津波、そして「原発震災」。3ヶ月以上たっても未だ収束のメドすら立たず、福島第一原発は大量の放射能を放出し続けています。

このかん東京で行なわれる講演会やパレードなどに参加してきましたが、市民運動の一隅を担う者として、地元千葉から原発に対する姿勢を明らかにし日本社会のあり方を見つめ直していきたいと思いました。

そこに長年、日本福音ルーテル掛川・菊川教会(静岡県)の牧師として浜岡現地で原発反対運動を担い続けてきた内藤新吾さんがこの4月に稔台教会(松戸市)に赴任されたとの情報を得て、早速、内藤さんに連絡をとり、講演会を開催する運びとなりました。

今回、主催者名を「マルハバ!サラム」としましたが、「サラム」はアラビア語の「平和」、韓国朝鮮語では「人間」を意味するダブルミーニングの言葉です。今後ともパレスチナ問題以外の企画の際に登場させようと思っているので、よろしくお願いします。

準備期間が短かったにも関わらず、当日は60人近くの参加者が詰めかけ、関心の高さが伺えました。

内藤さんは原発の危険性や地震列島である日本に原発を建設することの問題性を図やグラフ、新聞記事を紹介しながら、とても判りやすく語られました。とりわけ内藤さんが原発の問題に取り組むきっかけとなった被曝労働を担う日雇い労働者との出会いについて語ったことは圧巻でした。たとえ今回のような大事故が起きなくても、原発が存在する限り定期点検の際に大量の被曝を強いられる人々がいること。その多くが健康を害して廃人のようになって死亡しても、原発労働の差別構造の中で闇に消され使い捨てにされている現実。こうした実態を私たちは是非とも多くの皆さんに知らせたいと思っています。

現在この原発震災についての語られ方は、ジワジワと放出され続ける放射能から子どもをどう守れるのかという話題、そして一方、化石燃料に限りがある中で原発に頼らずに社会を維持していけるかという議論が中心になっています。勿論それらはとても重要な議論ですが、私は被曝労働の実態を知って以来、この問題性を訴えていきたいと考えています。たかが電気を得るために人間が使い捨てにされ殺されていく現実を直視した時に、それでも今の生活レベルを落とさないために原発が必要と答え得る人はほとんどいないのではないでしょうか?

内藤さんの講演の後、ホームレスの生活を支える隔週誌「ビッグイシュー」が千葉駅頭で売られ始めてから一周年を迎えたことから、支援者による同誌の紹介と購読の呼びかけが行なわれました。今回のイベントを通して原発と格差社会の問題が一つながりであることが浮かび上がったと思います。

私は司会を担当したのですが、久々の事に加え、講演会というのは苦手意識があってかなり緊張してしまいました。活発な質疑応答もありイベント参加者やスタッフに助けられることも多く、何とか無事に乗り切ったかな?と思います。
皆さん、どうもありがとうございました。
                                             岡 美由紀

| 原発問題・講演会 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「原発震災」に向き合う

原発よ、静かに眠れ

[広告] VPS


私たちはこの度の「原発震災」を受けて下記のような講演会を開催することと致しました。

*****************************転載大歓迎***************************
内藤新吾さん講演会 「原発よ、静かに眠れ」-被爆労働と原発震災-

ついに恐れていたことが起こってしまいました。

3月11日の東北地方太平洋沖地震がもたらした「原発震災」は、大量の放射能を環境
中に放出し、今なお収束のめどが立っていません。
そして、この瞬間にも福島第1原子力発電所では深刻な被曝労働が続けられていま
す。

一方で浜岡原発の全面停止が実現しました。私たちはこの動きをさらに進めて、原子
力に依存しないエネルギー政策への転換を求めて行きたいと思います。

新たな局面を迎えて、長年、浜岡現地で原発震災と被曝労働を問い続けてきた内藤新
吾さんをお招きし、お話を伺う機会を作りました。是非、ご参加ください。

内藤新吾さんプロフィール
牧師。1961年兵庫県生まれ。本年3月まで日本福音ルーテル掛川・菊川教会(静岡
県)。現在、同稔台教会(松戸市)。「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」役員。
「原子力行政を問い直す宗教者の会」事務局。18年前、被曝労働を続ける野宿の日雇
い労働者との出会いから原発問題に関わる。

日 時:6月19日(日)16:20~
    (15:50開場・定員80人・予約不要)
会 場:千葉市生涯学習センター3階 大研修室
資料代:500円
主 催:マルハバ!サラム(090-3501-8171)
****************************************************************

講演会開催趣旨など…

今回はじめて「中東問題」以外の課題を取り上げます。ついては主催者名を「マルハ
バ!サラム」として臨むこととしました。「マルハバ!サラム」とはアラビア語で
「こんにちは!平和」という意味です。さらに「サラム」は韓国朝鮮語では「人間」
のことを意味します。

日頃パレスチナに関わっている私たちも今回の事態を受けて、しっかり原発問題と向
き合わなければと考え始めた矢先に、内藤さんが松戸という大変近くに赴任されたこ
とを知り、千葉市にお呼びしてお話を聞く機会を作りたいと思い、この企画を立ち上
げました。

皆さんのご来場をお待ちしています。

| 原発問題・講演会 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。