マルハバ!パレスチナ

千葉のNGO「マルハバ!パレスチナ」の活動紹介

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イラク戦争とは何だったのか?

イラク戦争10年シンポジウム in CHIBA

今年はイラク戦争開戦から10年を迎えた節目の年にあたり、日本政府が積極的に支持を表明し、自衛隊の派遣にまで及んだこの戦争の意味を問う企画が各地で持たれています。

4月6日には千葉大学けやき会館で「イラク戦争10年を問うシンポジウム in CHIBA」が開催されました。第一部で基調講演を行ったのは日本のイラク研究の第一人者である酒井啓子・千葉大法経学部教授。イラク開戦後10年間の概観を判りやすく解説し、イラク市民の受けた被害はもちろんのこと、先制攻撃を断行し戦勝国となった米国も膨大な戦費や人的犠牲に苦しみ、支持した日本なども何のメリットも得られていないこと、イラク社会の現状も未だ混乱が続き安定の見通しがつかない現実などが明らかにされました。

「イラク戦争10年シンポジウム in CHIBA」写真1


第二部では、マルハバ!パレスチナのメンバーがコーディネーターを務め、酒井啓子教授とイラク戦争検証議員連盟の事務局長で民主党参議院議員の大野元裕さん、イラク戦争の検証を求めるネットワーク代表でフリージャーナリストの志葉玲さん、元航空会社社員で中東駐在経験を持つ習志野市民、そして現役千葉大生によるパネルディスカッションが行われました。

イラク戦争で「有志連合」の一翼として米国を支持・協力した英国やオランダでは、戦争の検証作業が公開原則のもとに取り組まれています。一方、日本ではイラク特措法を延長する際の附帯決議で、戦争を支持した政府判断について検証を行うことが明記されているにも関わらず、政権交代直後の昨年暮れ、外務省がお座なりのペーパーを発表したのみで、検討内容の詳細を明らかにしないまま、ことを終わらせようとしています。こうした現状の中で大野議員から「付帯決議で示されている事項に関しては自公を巻き込んできちんと進めて行きたい」という力強い発言があったことの意義は強調してよいことだと考えます。

「イラク戦争10年シンポジウム in CHIBA」写真2


改憲の動きが強まる今、政府に戦争を支持したことへの検証を求めることはもちろんのこと、市民の手で問題を捉え返し、議論を拡げていくことの重要性が確認され、3時間に及ぶイベントに幕が降ろされました。
スポンサーサイト

| トピック | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千葉からもイラク戦争10年を問う

イラク戦争10年シンポジウム in CHIBA
イラク戦争10年シンポジウムinCHIBA・チラシ(表)イラク戦争10年シンポジウムinCHIBA・チラシ(裏)


今から10年前、2003年3月20日にイラク戦争は始まりました。

イラクが大量破壊兵器を隠匿しているとの理由のもと、多くの国々の反対を押し切り、米国中心に断行されたこの戦争では、子供を含めた多数の一般市民が犠牲となり、現地では今でも混乱が続いています。さらに私たちの足元から言えば、日本政府は自衛隊の派遣など戦争協力に大きく踏み出したにもかかわらず、開戦の名分が失われてもなお、イギリスやオランダを始め「参戦国」で取り組まれている検証作業を行わず、この戦争について忘れられるに任せている状況があります。

そうしたなかで、開戦10年という節目の年に、イラク戦争が何だったのかを捉え返す機会を持ち、平和社会の創造に向けて多くの方々と思いを交流させたいと考え、千葉県下の有志が集い、「イラク戦争10年を考える千葉の会」を立ち上げました。

来る4月6日には千葉大学けやき会館をお借りして、日本におけるイラク研究の泰斗である千葉大学法経学部教授・酒井啓子さんの基調講演と、パネルディスカッションを内容とするシンポジウムを開催します。下記の概要をご覧いただき、是非、ご参加ください。

                記

名称 : イラク戦争10年シンポジウム in CHIBA
日時 : 2013年4月6日(土)13時~16時
参加費: 無料・予約不要 
場所 : 千葉大学けやき会館
内容 :
 第1部 特別講演 「イラク戦争10年と今後」
      千葉大学法経学部 酒井啓子教授
 第2部 パネルディスカッション
 パネラー: 酒井啓子(さかい・けいこ 千葉大学教授)
       志葉 玲(しば・れい イラク戦争の検証を求めるネットワーク代表)
       大野元裕(おおの・もとひろ 参議院議員・イラク戦争議員連盟)
       畔蒜正雄(あびる・まさお 元日本航空・中東駐在)
      千葉大学生 
 コーディネーター: 岡 幸夫(おか・ゆきお マルハバ!パレスチナ)              

主催 : イラク戦争10年を考える千葉の会
      ℡ 080-6552-6968(宮川)
      E-mail  iraqwar10.chiba@gmail.com

| トピック | 06:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カメラを持つ手にオスカーを掴むか?

世界が認める傑作ドキュメンタリー

いよいよ来週に迫った第85回米国アカデミー賞授与式。
「壊された5つのカメラ」が長編ドキュメンタリー部門にノミネートされています。
発表は2月24日(日本時間2月25日)。候補作の詳細は下記のサイトからご覧ください。

シネマトゥディ(2013年1月11日)
2013 OSCAR Nominees[広告] VPS


この映画を私たちに届けてくれた浦安ドキュメンタリーオフィスさんに感謝するとともに、今年も私たちはパレスチナを巡る良質の作品を地元・千葉で上映できるよう取り組んでいきたいと思います。

アカデミー賞の発表にご注目ください!

≫ Read More

| トピック | 22:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「壊された5つのカメラ-パレスチナ・ビリンの叫び」

GODBYE BASSEM われらの友へ

金曜日、ビリン村で、東京で、人々の思いは一つになる

壊された5つのカメラ-パレスチナ・ビリンの叫び
いよいよ9月22日(土)より 渋谷のシアター・イメージフォーラムでのモーニング&レイトショーが始まります。

一足先に観せていただいたマルハバ!パレスチナのスタッフがレビューを執筆し、月刊誌「Actio」10月号に掲載される予定です。ここではその一部をご紹介します。・・・

2005年2月、パレスチナ・ヨルダン川西岸地区のビリン村に住む農民イマード・ブルナートは、四男ジブリールの誕生を機に一台のビデオカメラを手に入れた。父親であれば誰もがそうであるように、彼は息子の成長を記録しようとし、家族の日常を撮り始める。だがすぐに彼は村の行事撮影などを依頼されるようになり、村の記録係ともなっていった。

ちょうどその頃、分離壁建設のための測量隊がやってくる。イスラエルは「テロリストの侵入を防ぐため」と主張するが、壁の多くはパレスチナ側の土地を大幅に侵蝕して建設され、土地を奪い、故郷を分断する。ビリン村でも予定通りに完成すれば、村の真ん中を通る分離壁によって、耕作地の半分以上が奪われてしまうことが明らかになった。村では毎週金曜日の礼拝後に壁の建設に反対する非暴力のデモを行うことを決め、村ぐるみの抵抗運動を開始した。この「金曜デモ」は同じ事態に直面するヨルダン川西岸地区の他の村にも波及し現在も続けられている。また、イスラエルやその他の国からも支援者が集まり、ビリン村はパレスチナの民衆抵抗運動の中心的存在になっていった。

2005年から2010年春にかけて、イマードのビデオカメラは、家族や村人の日常生活と同時に、金曜デモなどの抵抗運動とイスラエル軍による弾圧の実態をも克明に記録し続ける。パレスチナ人イマードと、兵役拒否の経歴を持つイスラエル人フィルムメーカー、ガイ・ダビディとの協働作業によって創られたこのドキュメンタリー映画は、闘いの当事者自らが記録した迫真の映像作品として完成した。


・・・以上です。あとは是非、映画館で「目撃」願います。

| トピック | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パレスチナから届いた珠玉のドキュメンタリー

映したのは、パレスチナの未来だった

私たちはこれまでに年に1本、パレスチナを巡るドキュメンタリー映画を紹介してきました。

2008年「パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)」
2009年「沈黙を破る」
2010年「ジェニンの心」
2011年「ぼくたちは見た-ガザ・サムニ家の子どもたち-」

・・・

そして今年も、その系譜に是非加えたい作品が届きました。

それは「壊された5つのカメラ-パレスチナ・ビリンの叫び」という映画です。

「壊された5つのカメラ」チラシおもて「壊された5つのカメラ」チラシうら

配給したのは、私たち同様“千葉”を基点にドキュメンタリー映画の普及活動をしている「浦安ドキュメンタリーオフィス」。

ここでは、9月22日から始まるイメージフォーラム(渋谷)でのモーニング&レイトロードショーに先駆けて、9月1日(土)に浦安で行われる特別先行上映イベントの案内をさせていただきます。

**********************************************
上映会「うらやすドキュメンタリーテークVol.22」のご案内

今回は世界の映画祭で受賞を重ねている話題のドキュメンタリー
映画 『壊された5つのカメラ-パレスチナ・ビリンの叫び』
を上映します。

本作はパレスチナ・ビリン村に暮らす村人が、四男の誕生を機に
ビデオカメラを手に入れ、息子の成長とともに、村で始まったイス
ラエル軍の入植計画に対する民衆デモで抵抗を続ける友人や家族を
克明に写し出した映画で、パレスチナ人とイスラエル人による共同
監督ということでも注目を集めています。

今回は、9月下旬からの都内での劇場公開に先駆けた特別先行上映
となります。また、当日は、来日する両監督による舞台挨拶および
Q&Aも予定しています。
___________

うらやすドキュメンタリーテークVol.22
(国内特別先行上映イベント)

【上映作品】
『壊された5つのカメラ-パレスチナ・ビリンの叫び』
(イマード・ブルナート&ガイ・ダビディ共同監督作品
  /2011年/パレスチナ・イスラエル・蘭・仏/90分)

【日  時】
9月1日(土) 14:00~(受付・開場は13:40~)

【会  場】
浦安市民プラザWave101大ホール
 (ショッパーズプラザ新浦安4階、JR新浦安駅から徒歩3分)

【入場料金】
一般1,300円 シニア・学生1,000円 サポーター900円
 ☆当日券のみの販売となります

**********************************************



| トピック | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。